山さんの日記 第971号

江ノ島 みこし海上渡御
(2019年7月21日更新)<毎週1回全頁更新>
毎年7月の第2日曜は、江ノ島の八坂神社と腰越の小 動(こゆるぎ)神社が同時に行なう天王祭が行なわれま す。小動神社のご神体の須佐之男命の木像が津波で江 ノ島に流され、八坂神社の祭神として祀られた故事によ るものです。午前中に、江ノ島中腹の八坂神社から宮出 しされたみこしが、参道を降りて弁天橋の公園のたもと から海に入ります。公園の遊歩道からは、半天を着た人 たちが太鼓や鐘をたたきます。男たちが首まで海に入っ て威勢良くみこしをかつぐ勇壮な祭りです。沖には、監視 船が浮かび、ウインドサーフィンの人たちも見守っていま した。(写真撮影は、2019年7月14日)