山さんの日記 第934号

大巧寺
(2018年9月16日更新)<毎週1回全頁更新>
鎌倉駅東口近くの大巧寺(だいぎょうじ)は小さなお寺です が、四季の花が絶えない花の寺です。写真上は本堂への 参道に咲く「ハナトラノオ(花虎の尾)」です。この花の原産 地はカナダで、ピンクの美しい花です。花言葉は「達成・十 分な望みを達した」です。そして本堂・庫裏前には褐色の「 ワレモコウ」と黄色の「オミナエシ」が咲いていました(写真 下)。ワレモコウはバラ科の花で、花弁のない花が穂のよう になります。はじめは紫色ですが、その後褐色に変わります 。秋の代表的な花で歌にもなっています。オミナエシは女郎 花とも書かれる秋の七草の一つで、花言葉は「美人」です。( 写真撮影は、2018年9月11日)