(写真撮影は、2019年7月14日)
江ノ島八坂神社のみこしは、海か ら上がると休憩後、橋を渡って日 蓮受難の地にある龍口寺までか つがれます。そこで腰越から来た 小動神社のみこしと合流します。 双方とも立派な相州みこしで、か つぎ棒は長い前後の棒だけで、 みこしの横にはたんすの引き出し の取っ手のようなものがついてい て、これを「どっこいどっこい」の掛 け声とともにたたきます。ここから 腰越までは、江ノ電も路面を走る 場所で、江ノ電はみこしや人垣す れすれに徐行して通ります。そし て、2基のみこしは、連れ立って 小動神社へとかつがれて行きま した。